FC2ブログ

NORTH CAROLINA POWERの愉快な仲間たち

アダルト同人サークル『NORTH CAROLINA POWER』のサークルブログ 制作活動や新刊告知、そしてメンバー達の愉快な言動を綴ったブログです。


斬首姦四十八手への道 壱 一手目~十手目

夏に斬/首見舞い時に企画を出した支援プラン嫐姦/の『斬/首/姦四十八手』ですが、企画が進まずすいません。

斬首姦四十八手への道 壱

あと、やたら「○○への道」が多くてすいません。
なにせ「熱闘甲子園」より「速報 甲子園への道」の方が好きなので・・・
「あの強豪が予選三回戦で敗退か?」「○○県は今年初出場校か」とか
「あの名門が・・・」とかを見るのが好きなもので・・・

いきなり主題から話がそれましたが、
まず四十八手舐めてましたっ!サーセンッ!
『体位の数と名前』表裏に「百手秘戯図」「鴛鴦閨房秘考(おしどりねやのしぐさ)」etc・・・しかも同じ体位で別名があったりと大混乱!
これはとりあえずPIXIV百科事典の48手の体位https://dic.pixiv.net/a/48%E6%89%8Bを参照しました。

次は『構図』、タチ(男性役)ネコ(女性役)のどちらが斬る役か?(体位によってはどちらも可能)
介/錯ならどの位置に立たせるか?など。

そして、『キャラ』体位一つにつき二人だから96×2であ192人に、介/錯人を付けたら288人!
以前『殺/戮姫』で斬/首/姦のイラスト集を出した事があったけど・・・アレはアイマスキャラ限定だったから・・・

とりあえず「+介/錯人」は『正妻の制裁』でSAOキャラに回すとして、
ブログのアンケートのキャラ使っても後約230人をどうしようと・・・

そんな中、作画担当のぎょろたんがTwitterで四十八手の体位の練習イラストを上げてるのを見て
「コレ、使えんじゃね?」と悪だくみ・・・もとい名案が・・・
(注・ちゃんとぎょろたんには許可をとってます。

引き続き、ブログのアンケートからでも、この記事へのコメント欄でもいいですが、
ぎょろたんのTwitter→https://twitter.com/ncp38220860の体位練習イラスト記事へのコメント・リツィートで、
「この体位はキャラで」というリクエストを受け付けております。

ただし、以下お願いです。
・あくまで、『斬/首/姦四十八手』のみのリクエストです。
・当サークルは逆リョナ嗜好のM男サークルなので、タチ・ネコはともかく斬/首する方は女性キャラのみです。
(まぁギリ男の娘可です。)
一つの体位に複数の候補上がったら、候補内からピックアップする形になるのでコメントくれた人はゴメンなさい。
あまり込み入った髪やコスのキャラだとウチの社畜絵師がパンクするので・・・
後、支援プラン作品なので、プラン参加者の方のリクエストが来たらそちら優先です。
・キャラ数が多いので、武器っ娘限定では無いですが、その場合は当方ニッチサークルに付きシュミで
ボンデージに刀持ちになります。

・・・とりあえずは、こんなトコです。何か問題起こったら、その都度対応します。
お手柔らかに・・・

今月11月は、語呂合わせで「いい(11)〇〇の日」がよく見らえますが、サークル的に
「いい斬/首(1130)」の日に何か形に出来たらと思います。

01うしろやぐら(後ろ櫓) タチ 〇ネコ ×
02吊り橋 タチ ▽ ネコ ×
03寄り添い タチ 〇 ネコ 〇
04撞木ぞり タチ 〇 ネコ ×
05獅子舞 タチ 〇 ネコ △
06菊一文字 タチ △ ネコ △
07こたつかがり タチ 〇 ネコ ×
08テコかがり タチ × ネコ ×
09岩清水 タチ × ネコ 〇
10時雨茶臼 タチ 〇 ネコ 〇
※〇△▽×は斬首出来るかどうか?
※後ろに殺/戮姫の立ち絵あるのは介/錯の場合の雰囲気づくりのため。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2020/11/13(金) 00:16:41|
  2. 制作状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新刊制作状況報告 殺戮姫 新規立ち絵完成

立ち絵00サムネイル

前回のアップロードしたラバースーツ(ボディ)のを元にコス(ボンデージ)差分完成させました。

ぶっちゃけ、今回一枚目(二・四枚目)はおそらく今回の出番はないですが、後のために作ってもらいました。

ポーズモデルは神無月の巫女のフィギュアを元にしてます。

三枚目と七枚目は表紙と裏表紙に使用予定です。

六枚目のエリカの大上段の構えは、昨年の『水夫服土星編での葵』と
今年の『癒し可愛い男の娘編での灯里』に使用した素材を使ってます。

これで三美姫で『構え・斬る・残身』の差分イラストが出来たことになります。
『これが本当の三美姫(さんびき)が斬る』って、言ったら作画組から針どころか五寸釘くらいの
鋭い視線を投げつけられました。

ちなみに、今回は先月が生誕だった葵とエリカのみの登場で、灯里の出番はありません。

灯里の生誕は四月なので、来年の灯里の生誕月に何か出来たらと思ってます。

来年の話をすると鬼が笑うと言いますが、笑われついでにもう一つ来年の話をすると、
来年でサークルが初作品の『女畜輪痴』を世にだしてから10年です。

それを記念して、来年『女畜輪痴』版で今回制作している『地下拷/問室のちびっ/子たち』を制作します。

鬼さん達が大草原不可避になる前に、今日はこの辺で退散します。

次は本編の先行公開を出来たらと思ってます。
  1. 2020/10/10(土) 05:42:28|
  2. 制作状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DL販売作品制作状況報告

現在、『殺戮姫』の新刊制作中です。ホントは・・・先月末の殺戮姫の生誕に
間に合わせたかったのですが、突如、最初に企画していたモノと別の企画を思いついて
差し替えてたらこのざまです。
2DQRの新刊のプロットも書きあがってたのに・・・作画組からブーイングです(汗)

とりあえず、作品のプロットは双方ともに出来上がっているので、販売開始はともかく今月は
二作品制作します。

一本は『2DQR』です。
今回、どのキャラで行くかは決めてますが、まだ公表しません。
イラストの制作に入ったら発表します。お楽しみに!

そして現在制作中の『殺戮姫 地下拷/問室のちびっ/子たち』です。

これは先日、某ユーチューバーがエドワード・ゴリーの絵本を紹介してたの見て思いついた作品です。
エドワード・ゴリーの作品で『ギャシュリークラムのちびっ/子たち』という作品がありまして、
これは、いわゆるABCブックで、『Aはエイミー かいだん おちた Bはベイジル くまにやられた』
というカンジに子/供達がアルファベット(ABC)順にタヒんで行く作品です。

新刊の殺戮姫は、このパロ本で、26人の子/供達をアルファベット順に、陵/辱・拷/問・処/刑する作品です。
基本一枚絵で表紙・裏表紙含めて28ページの作品になりますが
元ネタ作者のエドワード・ゴリーはモノクロの線画が作風なので、
カラー・二色(モノクロ)・三色(モノクロ+ゴ/ア表現のみカラー)の三パターンのカラー差分を制作します。

そして、ここからが重要なポイントこの作品は支援サイトで先行公開します。
作画担当のスケジュール(作画・構図的に描きやすい・辛いがあるらしいので)でアルファベット順では無く
出来上がった順に公開予定です。

今回の投稿イラストは新作用のイベントシーンでも使える動きのある立ち絵です。

サムネイル


ちょうど、この制作と並行して『女系家族』の立ち絵も制作していますので、こちらもご期待ください。
  1. 2020/10/06(火) 18:55:22|
  2. 制作状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不定期更新 『女系家族』 続編への道 08

やべぇ、前回更新から二ヶ月も開いちまった!な
不定期更新八回目


斬/首(残暑)見舞いでも書きましたが、現在、『2DQR』と『女系家族』同時進行でやってます。

女系家族はイラスト制作に入っていますが、まだお見せできる程の
完成度では無いので、今回は背景CGです。

画像はCG担当・ふくちょーが六角大王を使って制作したもので、恭平が監禁されてる
地下(調教)室です。

最初は近い形の立方体でイラスト制作のパースやアタリくらいで・・・と考えていたCGですが、
独学で参考書と格闘しながら、ここまでのものを作ってくれました。マジで感謝です。

この地下室ですが、エロアニメ『黒姫~桎梏の館~』か『乳母』みたいなカンジで・・・
と頼んだら前者っぽくなりました。
202008191903.jpg

x字と十字の磔台が向かいあって、重く硬い鉄の扉。
202008191905.jpg

202008191909.jpg

天井から吊るされた滑車は恭平への『縛り』や『吊るし』なんかに使う予定です。

202008191913.jpg


この地下室に加えて恭平を監視している『モニタールーム』や沙由香が経営する秘密倶楽部の
室内も制作してもらう予定です。

このCGは、早速、今月分の2DQRから使用したいと思います。
ちなみに今回の女王様は『戦車道』の『なんとかしなきゃいけないお姉ちゃん』です。
  1. 2020/08/19(水) 20:24:52|
  2. 制作状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不定期更新 『女系家族』 続編への道 05.5

不定期更新 『女系家族』 続編への道 05.5

本当なら「への道」六回目は「イラストについて」の二回目の予定でしたが、
シナリオ制作にあたり登場人物や用語を整理して相関図作ったら
これは記事のネタになると思ったのでまとめてみました。
ちなみに2017年にPIXIVにうpした
看板娘 葵 五周年記念『葵ちゃんとエリカさんの日常L※※E』
内の相関図とは変更した部分もあるので見比べてみてください。

◎女系家族(殺/戮/姫系作品)用語・相関図

※一部ネタバレを含みます。
※一部のSMに関する用語や解釈が、実際のものとは異なりますが
フィクション・創作物という事でご容赦下さい。


女系相関図20200526


○『女系家族』内の登場人物
●沙由香(マダム沙由香)
表の顔は、恭平の父の後妻・恭平の継母
裏(真)の顔は、元伝説の女王様。
仮称女系一族の現当主兼会員制SMクラブ『クレオパトラ』を
フロント企業とする闇/組/織の黒幕。

夫婦

●恭平の父※名前未定
勤務先の社長のお供でクレオパトラに出入りし、
偶然にもマダム沙由香に調/教して貰う幸運に恵まれ、
M性を開花させるが、それを暴走させた結果マダム沙由香に
身の程知らずの求婚をし、彼女の逆鱗に触れる。
その時、沙由香の出した結婚の条件である
「息子(恭平)を沙由香達母娘の性/奴/隷として差し出す」ことを
のんで(形式上の)結婚をする。
つまり、恭平の父が、恭平の不幸の元凶である。
『女系家族 壱』内では、沙由香の命令によって
「恭平の調/教が終了するまで長期出張中」となっているが、
実は「クレオパトラ」で「専/属/奴/隷」として働いている。
後に新人女王様としてクレオパトラに所属した灯里の練習台となる。

実の父子・沙由香とは義理の母子

●恭平
女系家族の主人公
父の巻き添えで女系一族の当主沙由香と、
その娘達に性/奴/隷として差し出され調/教を受ける。

沙由香とは実の母娘・恭平父とは義理の父娘・恭平とは義理の兄妹

●悠里(双子の姉)・藍里(双子の妹)
沙由香の双子の娘
沙由香の中では、彼女が運営する組織
(女系一族・闇/組織・クレオパトラ)のいずれかを
継がせたいと思っている。
恭平を調/教する目的の一つに、一族やクレオパトラ内の
既に従順な奴/隷ではなく、反抗的な野良奴/隷(恭平)を
調/教する事で娘達のレベルアップを図る事がある。

恭平の恋人(高校の同級生)

●黒石灯里
恭平の恋人(高校の同級生)。
恭平の異変に気づき、救出を試みるが、
逆に沙由香に取り込まれてS性を開花させて、
クレオパトラの大型新人として女王様となる。
葵とエリカの二人に気に入られて、
クィーン・パレス入居後から公私ともに親しくなる
(後の第三の殺/戮姫・直近の二次元辻/斬り参や対魔忍千早は
女系家族後の物語になる。)

○『女系一族』に関するの登場人物・用語
●女系一族
男性を(男性を性/的に支配し、正道へと)導く事を生業にする一族。
沙由香は、その現当主に当たる。

●御三家
女系一族の中にも、調/教の秘術についての系統(縄や鞭・性/器/調/教)や流派が有り、
その中で、常に歴代の当主を排出している名門の三家系を指す。

●裏御三家
裏の一族である女系一族の最深部。
時の権力者に、男女問わず性/奴/隷を
調教して献上する一門の三家系。
「クレオパトラ」や「組織」内では
「地下アングラ系女王様」や「鬼姫衆」
に纏められている。

●反沙由香派
その名の通り女系一族やクレオパトラ内で
沙由香に反目する一派。
クレオパトラの経営や闇/組織の運営で、
女系一族に史上最大の繁栄をもたらした沙由香だが、
その急進的なやり方は一族の伝統を壊すとして
反発するものも多い。
その大きな理由として、沙由香が一族内大派閥の
「御三家」の出身では無い当主であり、
「クレオパトラ」に「外部」から、
「正統的」ではない女王様を招聘している事などがある。
主に「御三家」とその取り巻きが占める。

●親沙由香派
その名の通り女系一族やクレオパトラ内で
沙由香を慕う一派。
沙由香の存在により実力を評価され、
地位を向上した「裏御三家」を筆頭にした
「地下系女王様」や「サディスティン系女王様」
が大半を占める。

○女王様のタイプについて
●ミストレス系女王様
M&S(マスター&スレイブ)
調教よる忠誠や支配・主従関係を築く女王様。
王道或いは一般的な女王様像で
一族の女王様も基本的には、このタイプである。

●サディスティン系女王様
SMの語源であるサディスト(加虐/性/癖/者)・マゾヒスト(被虐/性/癖/者)。
サディストの女性を指す言葉サディスティン
主従関係を築くのでは無く、他者を痛めつけ
苦しめることに長け悦びを見出す女王様。
商業的にSMは「サービスのS、満足のM」
「女王様はM男の奴隷」と言われるような関係であり、
売れている(金になる)女王様は、
前述のミストレス系女王様のように、
長年の調教(接客)により、M男の快感(顧客の満足)を
引き出せる女王様のことだったが、
沙由香は、その一芸を持ってなる
サディスティン系女王様をM男の調教(接客)では無く
地/下/変/態ショーや性/奴/隷の調/教・売/買などの
「一芸を顧客に披露(売買)」する形で彼女達を
一躍高給取りにしたのだった。
だが、それが素で親・反沙由香派を産む要因になる。


○『クレオパトラ』に関するの登場人物・用語
●高級会員制サロン(SM倶楽部)『クレオパトラ』
沙由香が経営するM区A坂にある表向きは会員制サロン。
真の姿は男性専用会員制SM倶楽部。
沙由香の運営する闇/組織のフ/ロント企業?(組織の中では健全な部類)
建物地下では闇/組/織運営の変/態ショー・
違/法/賭/博・人/身/売/買や薬/物の取引などが行われている。
基本的には女系一族の女王様(調教師)が所属しているが、
反沙由香派の一部は所属していない。
名前の由来は、沙由香が、クレオパトラ7世の
「国は男が支配する。男を私が支配する」を
座右の銘にしている事に由来する。

●部屋持ち
クレオパトラ内に、個人専用の調教(プレイ)ルームを持つ上位ランクの女王様を指す。

●大部屋
クレオパトラ内で大部屋(控え室)で指名を待っている下位ランクの女王様を指す。

●専属奴隷(クレオパトラ内)
クレオパトラ内のパブやショーで、
客の前で女王様に責められるキャストや、
女王様のSMプレイの練習台にさせられる奴隷。

●専属奴隷(女王様個人)
女王様個人に仕える専属の奴隷。
女王様によって、男女問わず複数人の奴隷を従えている。
仕事はクレオパトラの専属奴隷のようにプレイの練習台から
身の回りの世話や、性処理まで多岐に渡り、役割ごとに奴隷を飼う女王様も居る。
※葵の由樹や武蔵、エリカの元ホストの執事くん(名称未設定)がこれに当たる。

●男妾
女王様に性奉仕する奴隷。
SM倶楽部では、本番(性交)禁止が通例で
クレオパトラでも守られている。
そのためにクレオパトラ内で女王様に
性奉仕をするために調教された専属奴隷の事。
「男」妾とあるが、年齢・性別・容姿・性器のサイズは
多種多様に揃っている。
「女/尊/男/卑」で成り立つ沙由香の組織内において、
男は下位・下級・下等と同意であり、
「女王様以外は女性(人間)に在らず」と言う言葉が
まかり通る同組織内では、普通の女性ですら
奴/隷(男)以下の扱いをされる場合がある。

○『クィーン・パレス』に関するの登場人物・用語
●クィーン・パレス(女王宮)
沙由香の(奴隷の)所有しているM区にある高層マンション。
クレオパトラの女王様や闇/組織の幹部が居住している。
部屋は最上階から順に女王様(組織)のランク順に
よって割り当てられている。
※最上階から沙由香(現在は恭平宅に居るため不在)・葵・エリカの順である。

●斉藤
クィーン・パレスのコンシェルジュの責任者。
白髪に髭を蓄えた執事を思わせる老紳士。
その正体は、沙由香がかつて調教した武闘派893の組長。
常にしろ手袋をしているのは、沙由香に仕えるために
所属していた広域暴力団の傘下を抜けるために、
詰めた指を隠すため
「女王様につけて頂いた傷が奴隷の勲章ならば、
女王様のために負った傷も勲章」
「女王宮の女王様に仕えることは沙由香様に仕える事」が口癖。

●コンシェルジュ達
彼らの大半が、斉藤ともに組を抜けた元893構成員達。
コンシェルジュはフランス語で「ホテルの案内係」
「アパートの管理人」の他に「門番」「守衛」の意味があり、
クィーン・パレスは「政財界の著名人が、美女と一緒に出入りする
謎のマンション」として有名で、スキャンダル狙いのマスコミの排除や
沙由香の闇組織の敵対組織から護衛する役割がある。
もちろん全員が斉藤のようにM男・奴隷ではないが、
元々、上下関係の厳しい893な世界に居たので、
「俺らの頭が上がらないあの斉藤のオヤジ、
そのオヤジが頭が上がらない沙由香姐さんはスゲー人だ」
と言う理由で、疑問も持たず従っている。
※オバロのプレアデスの執事版?

○『闇/組織』に関するの登場人物・用語
●闇/組織(名称未設定)
沙由香がクレオパトラの人脈を使って築きあげた非/合/法の地下組織。
違/法/薬/物・闇/賭/博・人/身/売/買・地下変/態ショー・
闇/仕事(要/人/暗/殺)の仲介や請負など行っている。
※オバロの八本指みたいな・・・?

●地下系女王(アングラ・クィーン)
サディスティン系女王様の中でも最悪(厄)と称される女王様達。
人権・人身・人命を踏みにじる変態ショーを行う。
この名称は彼女達自身が名乗っているのではなく、
周囲の別派閥の女王様が自分達の派閥と
区別するためにそう呼んでいるのであって
彼女達自身は、自分(達)を「個人事業主」と考えて
親・反沙由香派のように派閥を作って争う事をしない一匹狼的存在。
地下系女王(アングラ・クィーン)と呼ばれているのは、
彼女達の職場がクレオパトラ内の地下にあることにも由来する。
※クィーン・パレスの部屋割りは女王様のランクによって
高層階から割り当てられるが、地下系女王様は軒並み高給取りなため
「職場は地下なのに、住まいは高層階」と皮肉られている。

●鬼姫衆
地下系女王(アングラ・クィーン)の中でも最強(凶)
と言われるトップの女王様達。
この名前も「鬼/畜な女王様達」という意味で、
別派閥(主に反沙由香派)が付けた蔑/称。
メンバーは
女系一族の裏御三家・・・性/奴/隷/調/教・人/身/売/買のトップや
刺/青アート・達/磨奴/隷調教・人間家具・ピアッシング・
獣/姦ショー・地下格闘・惨/殺劇(エリカ)

●殺戮姫
クレオパトラを含む沙由香の組織の中での稼ぎ頭にして
最強最悪(最凶最厄)の二人。
葵とエリカについた名称。
・葵※DL作品『殺/戮姫』参照
葵は正確には女王様ではく、闇仕事(暗/殺)のトップ
『脳力』と呼ばれる『異能力』を操る暗/殺者でサディスティン
学校で制服を着ている以外は、普段からボンデージを着ている
若干?変わった娘。
アニヲタで、コスプレが趣味。コスを自作しており、
彼女や彼女の友人達(エリカや灯里や沙由香母娘)のボンデージは
彼女が作ったものらしい。
・エリカ※DL作品『エリカ もう一人の殺/戮姫』参照
沙由香に見出されたサディスティン系女王様の出世頭。
地下の変態ショーで一番人気を誇る『惨/殺/女王スプラッター・クィーン』
『処/刑台の女王様』
※葵とエリカは友人・姉妹・母娘のように仲が良く。
二人で会員限定動画共有サービスRYO/NATUBEで一緒に
拷/問・処/刑・死/姦動画を撮って配信している。
  1. 2020/05/26(火) 06:07:40|
  2. 制作状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

▲PAGE TOP